動画配信激増で光回線速度が低下!?

近年は動画配信サービスの急増により、光回線の速度が著しく低下しているとの指摘があります。
何れは現在の定額制から、定量制へ変更されるのではないかとの憶測がインターネット上で飛び交い、波紋を広げています。
というのも、NTT東日本と西日本のフレッツ光を使用している一部プロバイダーでは、ネットワークに接続する機器が常に混雑している状態が続いているとのことです。
大半のプロバイダーは通信トラフィックの急激な増加に苦心しており、現在の状況が続けば安定した通信速度を維持したサービスを継続することは難しいと言われています。

一般的なプロバイダーでは定額制が用いられていますが、近い将来にデータの通信料によって利用料金が変動する定量制に移行する可能性があると噂されています。
定額制の光回線においても、利用者から遅くて使い物にならないといった声があがるようになっており、特に夜間の混雑時にはまともにWEBページを開けないほど速度が低下する現象も見られるようです。
通信トラフィックが急激に増加している背景には、YouTubeなどの動画配信サービスが台頭してきたことや、高画質なオンラインゲームが国内へ広く普及したことなどがあります。
他に膨大なデータ通信量を要する4Kテレビが普及しつつあることも、影響を与えているとされています。
万が一定量制になった場合、長時間プレイすることが基本のオンラインゲームや、YouTubeの動画閲覧に支障をきたす恐れがあります。
4Kテレビも通信データ量を気にしながら鑑賞しなければいけなくなるでしょう。

通信トラフィックが激増し、現在のプロバイダーの主流である定額制に限界が見えた以上、光回線が定量性に移行するのは時間の問題と言えるのかもしれません。
インターネット上では通信データ量が多い動画配信など、一部のコンテンツのみを通信制限する案や、オンラインゲームに追加料金を課すなどの意見があがっています。
光回線の速度が著しく低下しているのは、まだ一部のプロバイダーだけに起きている現象ではあります。
しかし通信トラフィックがこれからさらに増えていけば、やがて他のプロバイダーにも同様の現象が波及していく可能性は大いにあると言えるでしょう。
そこでおすすめするのがNURU光になります
NURU光は超高速の回線なので回線の状況を気にせずにインターネットを楽しむことができます。
あなたのお住まいの地域がNURU光のエリアに対応しているかを調べてみましょう。
今やインターネットのない生活を考えるのが難しい時代となりました。
安定したインターネットを維持するためにも、早めに手を打たなければいけない時期に来ているのではないでしょうか。