社内SNSのメリットとデメリットを解説

PCでチャットを打つ女性

ビジネスで使われるツールは日々進化し、また変化していきます。
昔は紙に手書きで書類を作っていたのがPCで作業をするようになり、そして今ではネットワークを使ってやり取りすることが当たり前となってきました。
そしてそんなネットワーク世代のビジネスでのコミュニケーションツールとして今、電話やメールに変わって登場してきているのが社内SNSです。
では、社内SNSを使う事にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まず社内SNSを使う事により得られる最大のメリットは、やはりコミュニケーションを活発化させるということでしょう。
特に企業が大きくなればなるほど部署間などのコミュニケーションは減る傾向にあります。
そうすると問題となってくるのがノウハウなどが部署内だけで培われ、情報共有されないということです。
それでも業務は回ってはいきますが、やはり企業全体でみると業務効率は悪くなると言えるでしょう。

しかし社内SNSを使えば、気軽にコミュニケーションが取れるようになります。
横の関係、縦の関係に関わりなく発言がしやすくなるので、それまで情報共有がされなかったノウハウが気軽にやり取りできるようになるのです。
また、特に必要がないのに慣例となってしまっているようなことを変えるきっかけとなるようなこともあったりします。

また、情報共有という観点ではタスク管理やスケジュールの確認などがお互いにしやすくなるというメリットもあると言えるでしょう。
それまでは個々でおこなっていたタスク管理やスケジュールの確認作業などがスムーズになり、間違いも減れば業務効率が格段に上がることが期待できます。

さらにコストの面でも期待できることがあります。
それは無料通話機能です。
社内SNSのメッセージングサービスについている無料通話では電話代が掛からないので、通信費の節約にもつながります。

しかし、一方で社内SNSの使用にはデメリットがないわけではありません。
まずもちろん社内SNSの導入や管理に掛かるコストは考えておかなければならないですし、感情的な誹謗中傷の場にならないように気を付ける必要もあります。
また、社外に漏れてはいけない情報が流出しないような手立ては技術面で考慮する必要がありますし、使用する社員たちにも意識してもらえるよう社内教育をしっかりとしておく必要もあるでしょう。

ただ、そうは言っても上手に使えばメリットも多いのが社内SNSです。
コストやリスクをきちんと把握した上で導入し、業務効率のアップを実現できれば、企業の業績アップにもつながることが期待できるのではないでしょうか。