SNSは次々と形を変え、今はインスタグラム

SNSはコミュニケーションツールとして、または自分の思ったことや記録に残したいことを手軽に文章や写真などで不特定多数の人に公開することができるものとして老若男女多くの人が利用しています。
そのためSNSも世界でさまざまな種類が配信されており、特に昨今ではインスタグラムが日本国内だけでなく世界的に利用されはじめました。

インスタグラムとは写真や動画に特化したSNSで、その他のSNSと決定的に違う点は写真や動画を添付しなければ投稿できないという点にあります。そのため多くの利用者は他の人の記憶に残るような映える写真を投稿するために、写真そのものを加工したり珍しいそのときにしか撮影できない面白い形をしている雲の写真を載せてみたりと創意工夫をしています。もちろん個人で記録のために粛々と写真を投稿することもでき、タグ付けという有名なキーワードを設定することでさらに不特定多数に見られやすくする方法などもあります。また専用のアプリを使い、インスタグラムでリポストすることでシェアすることもできます。

インスタグラムのアカウント設定は簡単で、その他のSNSのアカウントを所有していれば連携させるかたちですぐに始めることができます。プロフィール画面には利用者のプロフィールを書くことができ、どのような趣味があるかや投稿する写真の種類といったものを自己紹介できるようになっており、利用者が何らかのブログを開設している場合はプロフィール欄にurlを貼ることもできる便利なページです。

インスタグラムの使い方はシンプルで、投稿したい写真を端末から選び、文章やタグ付け、あるいは個人のロゴを貼るなどして投稿ボタンを押すだけとなっています。昨今では著作権の問題から企業のロゴなどが写っている写真は禁止事項のなかに入っているため、写真を撮影してインスタグラムに掲載する場合は事前に禁止事項などを見ておきましょう。禁止行為に抵触してしまったユーザーは、アカウントを停止させられてしまう可能性もあります。

SNSは便利で自己表現の場としても優れているツールとされ、特にインスタグラムは国内だけでもそのユーザー数は2000万人を超えているという非常に早い成長スピードを見せているのが特徴です。
一方でSNS疲れと言われているように、他人からの評価が芳しくないなどの理由で退会をするユーザーも少なからずいるのが現状となっています。その他のSNS同様に退会方法もアカウントページから簡単に行えてしまうため、退会してはしばらく経ってまた再開しはじめるという繰り返しをしている人もいるでしょう。